商品開発を請負ならOEM会社にお任せあれ|パパっと対応

薬事法の問題もクリア

メイク道具

海外の化粧品を日本に輸入して、国内で販売する際には国の許可が必要になります。何故なら、日本と海外では化粧品に関係する薬事法に違いがあるからなのです。それ故に、輸入化粧品を国内で販売するためには、薬事法に準拠していることを証明して許可をえないといけません。その際に用いるのが製造販売業のライセンスです。ライセンスを持っている業者であれば、海外の商品を日本で売ることが可能ですよ。しかし、ライセンスは取得に時間がかかりますし、ライセンスを有しているからといって検閲が無くなるわけではありません。化粧品を輸入する際には、行政へ届け出を行なって通関し、商品に含まれている成分情報を明らかにすることが求められます。このプロセスは時間がかかりますし、知識がないとスムーズに完了することが難しいでしょう。そういった時に頼りになるのが化粧品輸入代行サービスです。化粧品輸入代行というのは、海外から商品を取り入れる際に生じる作業を代わりにやってくれるサービスです。こちらを活用することによって、本来輸入時に求められるライセンスを取得していなくても、商品を仕入れることが可能なのです。また、化粧品輸入代行会社の中には、輸入して販売するまでの手続きを代行してくれる会社も存在します。そういった会社に業務を依頼することによって、手続きをしている間他の事業に着手することができるでしょう。更に、仕入れだと手続きだけではなくて、ラベリングをして完成した化粧品を提供してくれる会社も存在しますよ。上手く化粧品輸入代行サービスを活用して、開発販売事業を円滑に進めましょう。